久知八幡宮祭礼神事
(神前行事・振興神御・刀刀・鬼太鼓・流鏑馬)について
種類 佐渡市文化財(無形民俗)
指定年月日 平成元年6月1日
所在地 佐渡市下久知
管理者 久知八幡宮祭礼神事保存会
(野崎刀刀保存会・下久知鬼太鼓保存会・八幡宮流鏑馬保存会)
   この神事は、9月13日に介添・射手の宮篭り、14日に夜祭り行事の塩汲み、
流鏑馬行事、神殿行事がある。
 15日の本祭には、神殿行事、塩汲み、新輿渡御、御旅所行事、流鏑馬が行われる。
 その間に野崎地区からの刀刀、下久知地区からの鬼太鼓、
城腰地区からの花笠踊りが奉納される。
 中世の久知郷祭礼神事の形を残しており、応永12年(1405年)の
「久知給分帳」にも見える貴重なものである。


説明されている看板の画像

●中部北陸自然歩道花笠踊 ●久知八幡宮祭礼神事 ●久知八幡宮由緒